バックアップ

目次

どのようなバックアップが必要なのか?

バックアップの手順

ローカルバックアップ

dd

バックアップの基礎として、フロッピーをddコマンドを使ってコピー(バックアップ)してみる。

フロッピーのイメージを作成する。
dd if=/dev/fd0 of=/tmp/floppy.img

フロッピーを入れ替えてイメージをフロッピーへ書き込む
dd if=/tmp/floppy.img of=/dev/fd0

ドライブ(hda1)をバックアップするには以下のようにやる。

dd if=/dev/hda1 of=/tmp/hda1.backup.img

tarバックアップ

tarでやる場合には属性情報の引継ぎに注意

tar cpzf /tmp/backup.tar.gz /home

これで/home以下のファイルを属性を引き継いだままバックアップ可能。

ファイルを復元させる際にも注意

tar xpzf /tmp/backup.tar.gz

ネットワークバックアップ

参考リンク

Windd

Netcat


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-01 (日) 21:09:12 (1050d)