Today access count is 1

IMP

IMP最新バージョン
2004/12/10 現在
IMP日本語版 3.2.1
IMP英語版 3.2.6
horde日本語版 2.2.1-jp.0.2
turba日本語版 1.2-jp-0.2

目次

PHPリコンパイル

cp imap2004a/c-client/c-client.a /usr/local/lib/libc-client.a

またまたPHPをリコンパイルする。

./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs --with-mysql --with-gd --enable-bcmath --enable-socks
--enable-mbstring --with-zlib --enable-mbregex --enable-zend-multibyte --with-curl --with-imap
--with-gettext --with-xml --with-mcrypt --with-kerberos --with-openssl
make
make install

--with-imap を選択した場合はIMAPのディレクトリを指定しなければならない。

--with-imap=/usr/src/imap-2004a/ という感じ

/usr/local/lib/php.ini を編集
[PHP]
output_buffering = Off
[mbstring]
mbstring.language = Japanese
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = EUC-JP
mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none;

PEARモジュールのインストール

恐らくPEARモジュールはインストールされていないと思うので、追加インストールする。 (はじめ、PEARをPerlの事だと思って読んでいたよ・・・ しょーもない間違いよくするよねぇ~ 笑) PEARへ言って"LOG"と"Mail_Mime"の二つをダウンロードし インストールする。

tar zxvf Log-1.8.6.tgz
cd Log-1.8.6
pear install Log
tar zxvf Mail_Mime-1.2.1.tgz
cd Mail_Mime-1.2.1
pear install Mail_Mime

簡単ですが、これで終了。

hordeインストール

tar zxvf horde-2.2.1-jp.0.2.tgz 
mv horde-2.2.2.1-jp.0.2 /usr/local/apache2/htdocs/horde
cd /usr/local/apache2/htdocs/horde

horde/scripts/db/mysql_create.sqlのMySQLのパスワードを変更。 その後IMP用のデータベースを作成。  mysql -u root -p < horde/scripts/db/mysql_create.sql horceのコンフィグファイルの作成。以下のコマンドを実行。

cd horde/config/
for foo in *.dist; do cp $foo `basename $foo .dist`; done

horde.phpの148行目を'sql'に設定します。  $conf['prefs']['driver'] = 'sql';

157-162行目をコメントアウトします。 160行目に上記で変更したDBパスワードを設定して下さい。

$conf['prefs']['params']['password'] = 'password';

horde/lib/MIME.phpの75行目付近

       if ($GLOBALS['language'] == 'ja_JP') {
	    if (mb_detect_encoding($text) == 'ASCII') {
		return $text;
	    } else {
		return mb_encode_mimeheader($text);
	    }
	}

これを以下のように変更

		return mb_encode_mimeheader($text, "ISO-2022-JP");

最後に”http://Server_IP/horde/test.php”にアクセスし、設定を確認する。 すべての項目がYESである必要はない。(少なからず私はすべてをYESにしたことはないぞ!)

IMPインストール

tar zxvf imp-3.2.1-jp-0.1.tgz 
mv imp-3.2.1-jp-0.1 /usr/local/apache2/htdocs/horde/imp
cd /usr/local/apache2/htdocs/horde/

horde/config/registry.php の23-24行目で下記の行のコメントを外す。 これで、hordeのログインはIMPのログインとして動作します。

$this->registry['auth']['login'] = 'imp';
$this->registry['auth']['logout'] = 'imp';

IMPの109行目付近のステータスを'active'に変更。

$this->applications['imp'] = array(
    'fileroot' => dirname(__FILE__) . '/../imp',
    'webroot' => $this->applications['horde']['webroot'] . '/imp',
    'icon' => $this->applications['horde']['webroot'] . '/imp/graphics/imp.gif',
    'name' => _("Mail"),
    'allow_guests' => false,
    'status' => 'active'
);

IMPのコンフィグファイルの作成。以下のコマンドを実行。

cd horde/imp/config/
for foo in *.dist; do cp $foo `basename $foo .dist`; done

conf.phpを編集。シングルクオート(')を付ける事を忘れずに・・・

$conf['menu']['apps'] = array('turba');

turbaインストール

tar zxvf turba-1.2-jp-0.2.tgz
mv turba-1.2-jp-0.2 /usr/local/apache2/htdocs/horde/turba
cd /usr/local/apache2/htdocs/horde/

アドレスを格納するためのDBを登録。

mysql -u root -D horde -p < horde/turba/scripts/drivers/turba.sql

turbaのコンフィグファイルを作成。

cd horde/turba/config/
for foo in *.dist; do cp $foo `basename $foo .dist`; done

horde/turba/config/conf.php

$conf['menu']['apps'] = array('imp');

horde/turba/config/sources.phpの140行目にDBパスワードを設定する。 Hordeの設定で変更したDBのパスワードを設定。

$cfgSources['localsql'] = array(
    'title' => 'My Addressbook',
    'type' => 'sql',
    'params' => array(
        'phptype' => 'mysql',
        'hostspec' => 'localhost',
        'username' => 'horde',
        'password' => 'password',
        'database' => 'horde',
        'table' => 'turba_objects'
    ),

horde/config/registry.php から下記の行を修正。 'inactive'を'active'に変更。恐らく118行目付近である。

$this->applications['turba'] = array(
    'fileroot' => dirname(__FILE__) . '/../turba',
    'webroot' => $this->applications['horde']['webroot'] . '/turba',
    'icon' => $this->applications['horde']['webroot'] . '/turba/graphics/turba.gif',
    'name' => _("Address Book"),
    'allow_guests' => false,
    'status' => 'active'
);

すべての準備が整ったら”http://Server_IP/horde/”にアクセス。

checkbox.gifのコピー

IMPの使用

では 早速使ってみる。 エラーが無いようであれば普通に以下のように表示される。 エラーが出たらどうしましょうね? 笑
がんばって対処してください。

ログイン画面
imp-01.gif

受信フォルダ
imp-02.gif

メールの新規作成
imp-04.gif

参考リンク

IMP Webmail Client

imp-jp.org

Sourceforge imp-jp

trustBee

PEAR


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-01 (日) 20:54:48 (1050d)