Swatch

Swatch最新バージョン
2004/12/10
swatch 3.1.1
Date-Calc 5.4
File-Tail 0.99.1
TimeDate? 1.1301
Time-HiRes? 1.65

目次

Perlモジュールのインストール

Swatchを動かすためには4つのPerlモジュールが必要になる。 CPANからダウンロードしてすべてをインストールする。 必要な4つのPerlモジュールは ・Date-Calc ・File-Tail ・TimeDate? ・Time-HiRes? 4つとも同じ手順でインストールを行えばいい。 例としてDate-Calcのインストールの手順を書く。

tar zxvf Date-Calc-5.3.tar.gz
cd Date-Calc-5.3
perl Makefile.PL
make
make test
make install

"make test"で”All tests successful”と表示されれば正常にコンパイルできて、インストールできる環境が整った証拠である。 ここで”UTF-8”なんちゃらかんちゃら というエラーが出たら

LANG=C make test

というコマンドを入力して再度テストを行う。 エラーが出なければインストールを行う。

また、Date-Calcの最新版は5.4であるがどうしてもエラーが消えなかったため、今回は5.3を使用した。

Swatchのインストール

Swatch本体もほとんどPerlモジュールとインストール方法は変わらない。

tar zxvf swatch-3.0.8.tar.gz
cd swatch-3.0.8
perl Makefile.PL
make
make test
make install

以上でインストールは終了。まぁ 難しいことはないだろう・・・

Swatchの設定

swatchの設定ファイルは”swatch.conf”という名前で保存するとよい。 コンフィグファイルのサンプルは”example”というディレクトリの中に入っている。 参考にしながら設定していくことが望ましい。

以下がSwatchで設定できる項目の一覧である。

Action解説
echo [modes]ウインドウにメッセージを表示
bell [N]ビープ音をN回鳴らす
exec command”command”を実行する
mail [address=xxx@xxx.jp:xxx@xx...]指定したアドレスにメールを送信する
pipe command [,keep_open]パイプで”command”に結果を返す
write [user:user:...]writeコマンドを使って指定したユーザに通知を行う
throtte hours:minites:seconds, [use=message or regex]同じメッセージが検出された場合、指定した時間まで通知を行わない
continue指定したパターンを見つけても処理を終了せず、続けて処理を行う
quitSwatchを終了させる

コンフィグファイルの形式は以下のとおりである。

watchfor  /pattern/
          action1
          action2

具体的には以下のようになる。

watchfor  /faild/
          bell 3

これで”faild”という文字列を検出した場合にビープ音が3回なるようになる。 複数のアクションを起こさせたい場合は次の行にさらにアクション内容を書き加えればよい。

ログの監視

設定ファイルを”/etc”に保存してあった場合以下のコマンドでSwatchを起動し、ログの監視を開始する

/usr/bin/swatch -c /etc/swatch.conf -t /var/log/messages

このコマンドでswatch.confの設定に基づいてmessagesファイルの監視を行う。 複数のファイルを監視したい場合は複数のプロセスを起動させる必要がある。

アラートで送られるメールを日本語対応にする

NetworkWorld2003年9月号を元にパッチファイルを作成。 まだ試していないが、タブン使える・・・

patch -p0 < swatch-iso2022jp.patch

参考リンク

swatch

CPAN


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-01 (日) 21:00:48 (1050d)