NTP Configuration Manual

NTP記述バージョン
ntp-4.2.0

目次

ntpd

ntpdの入手とインストール

いつものとおりに・・・

tar xzvf ntp-4.2.0.tar.gz
cd ntp-4.2.0
./configure
make
make install

ということで 何事も無く終了

ntpdの設定

ntp.confを編集する。

restrict         default ignore
#ローカルネットワークからのNTP時刻問い合わせ要求に答えるのであれば以下の行を有効にする。
#restrict       192.168.1.0 mask 255.255.255.0 noquery nomodfy nopeer notrust notrap
restrict        127.0.0.1 
server           210.173.160.57
driftfile        /etc/ntp/drift
broadcastdelay   0.008
authenticate     yes
keys             /etc/ntp/keys

OpenNTPD

OpenNTPDの入手とインストール

tar xzvf openntpd-3.6.1.tar.gz
cd ntpd
make
make install

ntpdateを使用した時刻あわせ

デーモンとして動かす必要がないときは以下のように時刻を合わせる

/usr/sbin/ntpdate xxx.xxx.xxx.xxx

ついでにcronを使って定期的に時刻あわせ

crontab -e
----------------------------------------------------
5 1 * * * /usr/sbin/ntpdate xxx.xxx.xxx.xxx > /dev/null 2>&1
10 1 1 * * /sbin/hwclock -w > /dev/null 2>&1
----------------------------------------------------

1日1回 1時5分に時刻あわせ 毎月1日 1時10分にハードウェアクロックに時刻を書き込む

参考リンク

NTP.org

OpenNTPD

Experimental NTP Servers

Ring Server Project


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-01 (日) 20:57:12 (1050d)