fml Configuration Manual

fml最新バージョン
2005/2/5 現在
fml4系 fml-4.0-stable-20040215
fml8系 fml-devel-source-20050124

目次

このページではFML4系の使い方memoを書いています。 8系はそのうち書くかもしれません。

fmlのインストール

fmlのインストール先

/usr/local/fml

各メーリングリストの設定保存先

/var/spool/ml

groupadd fml
adduser -g fml fml
su fml
tar zxvf fml-4.0-stable-20040215.tar.gz
cd fml-4.0-stable-20040215
make -O i686-pc-linux-gnu install
---Please Define Your Fml System Configurations

Personal Use or ML-Admin-Group-Shared or fmlserv you use?
Personal, Group, Fmlserv (personal/group/fmlserv) [personal]

DOMAIN NAME               [hoge.jp]
FQDN                      [mail.hoge.jp]
EXEC FILES DIRECTORY      [/usr/local/fml]
TOP LEVEL ML DIRECTORY    [/var/spool/ml]

Language (Japanese or English) [Japanese]

TimeZone (TZ: e.g. +0900, -0300) [+0900]

ちなみにあらかじめディレクトリを作っておかないとエラーになる。 rootでインストールを行って、後からファイルの所有者を変更してもよい。

chown -R fml:fml /usr/local/fml

fmlの管理

makefmlのヘルプ

  makefml info                      show this message
  makefml install                   Install the fml system
  makefml newml ML                  make a new Mailing List <ML>
  makefml destructml ML             destruct Mailing List <ML>
  makefml add ML addr               add <addr> to <ML>
  makefml bye ML addr               remove <addr> from <ML>
  makefml add2actives ML addr       add <addr> to only actives
  makefml add2members ML addr       add <addr> to only members
  makefml on  ML addr               on  <addr>
  makefml off ML addr               off <addr>
  makefml chaddr ML old new         change address <old> => <new>
  makefml digest ML addr [opt]      set up digest(matome) for address <addr>
  makefml matome ML addr [opt]      set up digest(matome) for address <addr>
  makefml byeadmin ML addr          remove the administrator of <ML>
  makefml addadmin ML addr          add <addr> as an admin to <ML>
  makefml passwd ML addr            to change the administrator passwd
  makefml help                      help message
  makefml test ML                   test
  makefml pgp ML args               e.g. admin-auth.pgp2 ML -ka pubkey
  makefml dist-auth.pgp ML args     (abbr. da.pgp) pgp = pgp2 pgp[5kesv] gpg
  makefml dist-encrypt.pgp ML args  (abbr. de.pgp) pgp = pgp2 pgp[5kesv] gpg
  makefml admin-auth.pgp ML args    (abbr. aa.pgp) pgp = pgp2 pgp[5kesv] gpg
  makefml admin-encrypt.pgp ML args (abbr. ae.pgp) pgp = pgp2 pgp[5kesv] gppg
  makefml mead                      set up mead (error mail analyzer)
  makefml fmlserv                   set up fmlserv (listserv-like server)
  makefml lock ML [time]            lock <ML> for <time> (default 3600) sec.
  makefml edit-template             edit template file under locked state
  makefml config-template           configure template cf file
  makefml create-doc-template ML    create document templates e.g. help, guide
  makefml update-config ML          make config.ph (cf -> config_ph)
  makefml recollect-aliases         remake $ML_DIR/etc/aliases
  makefml htpasswd ML               htpasswd wrapper for ml
  makefml mladmin.cgi ML            set up ml-admin/$ml/*.cgi
  makefml tail ML [opt]             syntax sugar of log
  makefml log ML [opt]              show log: [-i] [-NUMBER] [all] [-pPATTERN]
  makefml command ML addr ...       e.g. "command ML <addr> mget last:3 mp"
  makefml edit ML                   edit <ML>'s file under lock (default config.ph)
  makefml config ML                 [menu] to configure <ML> fundamental
  makefml showconf                  show environment, version, ..

  • メーリングリストの作成

testmlというメーリングリストを作成する例。

./makefml newml testml


  • メーリングリストの設定変更

testmlというメーリングリストをの設定を変更する。

./makefml config testml


  • メーリングリストへのユーザの追加

test@hoge.jpというユーザをtestmlに追加する。

./makefml add testml test@hoge.jp


  • メーリングリストへのユーザの削除

test@hoge.jpというユーザをtestmlから削除する。

./makefml bye testml test@hoge.jp


  • メーリングリストの送信テストをする

testmlに対してテストをする。

./makefml test testml


  • メーリングリストのログを見る

testmlのログを確認する。

./makefml log testml


メーリングリストの作成・運用

fmlでバグってハニー

ちょっとばかりfmlが動かなかったのだが、原因を解決するのにかなり手間取った。 とりあえず、fmlが動作するユーザ権限を確認することにした。 /var/spool/fml/testml/include を編集。

"|/usr/local/fml/fml.pl /var/spool/ml/testml "

# Multipart Canceler Filter by Yuao TANIGAWA
#"|/usr/local/fml/bin/multipart.pl |/usr/local/fml/fml.pl /var/spool/ml/testml"

上記内容を以下のように編集し、/tmp/whoami.txtにユーザ権限を書き出す。

"|/usr/local/fml/fml.pl /var/spool/ml/testml | whoami >> /tmp/whoami.txt"

# Multipart Canceler Filter by Yuao TANIGAWA
#"|/usr/local/fml/bin/multipart.pl |/usr/local/fml/fml.pl /var/spool/ml/testml"

これでユーザ権限を書き出せる。 で・・・調べてみたら、smmspというユーザで動いていることが判明。 これはまずい・・・ ということでユーザ”fml”で動くように修正。 どうやら原因は”/etc/alias.db”の所有者がsmmspであったため、fmlがsmmspというユーザ権限で動いていたようである。 ということで、smmspの所有者をrootに変更して再度チャレンジ。 そしたら普通に動いた・・・ よかったよかった。

参考リンク

fml.org


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-01 (日) 20:54:22 (1050d)