Delegate

検証で使用したDelegateのバージョン
Delegate 8.11.1

目次

Delegateの入手とコンパイル

tar xzvf delegate8.11.3.tar.gz
cd delegate8.11.3
make

その途中でdelegateの管理者のメールアドレスを聞かれるので入力します。

Enter your E-mail address [root@test.localhost.jp]: test@test.localhost.jp
ADMIN = test@test.localhost.jp
OK ?  [y] / n / x(abort): y

このメールアドレスはdelegateを起動する際に必ず必要になる項目です。 誰が管理者なのかを明確に表示します。 ただし、必ずしもそのアドレスが存在している必要は無い・・・

cp src/delegated /usr/local/bin/

delegateの起動と停止

一番基本的なdelegateの起動コマンド

delegated -P8080 SERVER=http

一番基本的なdelegateの停止コマンド

delegated -P8080 -Fkill

http-proxy

基本的なプロキシサーバとして動かすためのコンフィグ

ADMIN=test@localhost
-P8080

多段proxy

SSL-proxy

Reverse-proxy

ADMIN=test@localhost
SERVER=http
-P80

MOUNT=/* http://192.168.0.100:80/*
REACHABLE=192.168.0.100
RELABLE=*
-P80
	(ポート80番で待ち受ける)
SERVER=http
	(httpのみプロキシさせる)
MOUNT="/* http://xxx.xxx.xxx.xxx:80/*	vhost=aaa.co.jp"
	(http://aaa.co.jp/ -> http://xxx.xxx.xxx.xxx/)
REACHABLE=xxx.xxx.xxx.xxx
	(xxx.xxx.xxx.xxx以外へのプロキシを許可しない)
ADMIN=andou@sample.jp
	(管理者のメールアドレス)

サーバへの送信クエリーを制限する場合には 以下の内容をhttpproxy.txtに書き加える必要がある。

HTTPCONF=methods:GET,HEAD

または

HTTPCONF=methods:+=./httpmethod.txt

としてhttpmethod.txtを新しく作り、独自のクエリーのみを許可することもできる。

ちなみにデフォルトでは以下のクエリーは通る

OPTIONS,GET,HEAD,POST,PUT,DELETE,TRACE,PATCH,LINK,UNLINK,CONNECT,X-CACHE-GET

参考リンク

Delegate


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-01 (日) 20:57:45 (1050d)