目次

ファイルの展開・コンパイル

ファイルを展開し、コンパイルを行う

tar zxvf httpd-2.0.52.tar.gz
cd httpd-2.0.52
./configure --enable-so --enable-ssl
(SSLも使いたいのでSSLオプションもONにしておく)
make
make install

httpd.confの設定

Configファイルを編集してとりあえず動かす

cd /usr/local/apache/conf
cp httpd.conf httpd.orign
vi httpd.conf
(変更項目の詳細は省略) 

起動

設定が終わったら起動!

/usr/local/apache/bin/httpd -t
(構文エラーをチェック)
/usr/local/apache/bin/apachectl start

とりあえず動いたことを確認。

PHPの設定

PHPのコンパイル

まぁ基本であるが、以下のコマンドを実行

tar zxvf php-4.3.9.tar.gz
cd php-4.3.9
./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs -enable-mbstring
make
make install

cp php.ini-dist /usr/local/apache2/conf/php.ini
(ついでにPHPの設定ファイルをコピーしておく)

SnortやIMPでもPHPは使用する。 そのたびにPHPをリコンパイルする必要がある。 ここの構築memoではPHP単独→Snort→IMPの順でさらにリコンパイルしている。

httpd.confの修正

PHPが使えるようにちょっと修正。まぁ、あれだ!”.php”の拡張子を登録するって作業よ。

DirectoryIndex index.html index.html.var index.php
AddType application/x-httpd-php .php

php.iniの修正

Apacheの再起動

/usr/local/apache2/bin/apachectl restart

で・・・テストファイルを作る。

vi test.php
--------------------------------------------------
<?php phpinfo(); ?>
--------------------------------------------------

保存して終了! 今作成した”test.php”を開き、PHPのインフォメーションが表示できれば動作確認終。 wikiも動かすことが出来るはず・・・

SSLの設定

SSLでアクセスするディレクトリを普通のHTTP通信と同じディレクトリを指してもいいのですが、 本来は安全に通信を行いたい場所・ファイルであるはずなので、SSL専用のディレクトリを作る。

mkdir /usr/local/apache2/ssl-access/

ssl.confの編集

DocumentRoot "/usr/local/apache2/ssl-access/"
ServerName www.hoge.jp:443
ServerAdmin webmaster@hoge.jp
ErrorLog /usr/local/apache2/logs/ssl_error_log
TransferLog /usr/local/apache2/logs/ssl_access_log
SSLCertificateFile /usr/local/apache2/conf/ssl.crt/server.crt
SSLCertificateKeyFile /usr/local/apache2/conf/ssl.key/server.key

ssl.crtとssl.keyというディレクトリを作り、それぞれに証明書とキーを指定した名前で保存する。

Apacheの再起動

/usr/local/apache2/bin/apachectl stop
/usr/local/apache2/bin/apachectl startssl

プロセスの確認と443番ポートが開いていることを確認する。 その後、https通信を試みる。

SuEXECを使用するためのオプション

SuEXECを使用するためのコンフィグレーションのオプションメモ こんな感じでいいはず・・・

./configure --enable-ssl --enable-so --enable-suexec --with-suexec-caller=nobody 
--with-suexec-userdir=public_html --with-suexec-docroot=/home 
--with-suexec-logfile=/usr/local/apache2/logs/suexec_log
--with-suexec-uidmin=500 --with-suexec-gidmin=100

参考リンク

Apache org

JAPAN APACHE USERS GROUP

Japache

日本PHPユーザ会


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-01 (日) 20:48:52 (1973d)