BIND コンフィグ

目次

久々にBINDを設定してびっくり

DJBDNSをしばらくDNSサーバとして使用していたのですが、IPv6対応に若干の面倒くささがあったため、BINDに戻してみました。久々に設定をしてみたところchrootがデフォルトで導入されるようになっていて、ディレクトリの構成が若干違っているのに気がつきました。 ということで、再度BINDの設定を書いていきます。

BINDのディレクトリ確認

chrootをONにするとディレクトリ構成が変わります。

通常のディレクトリ構成
named.confの場所
/var/named/chroot/etc/named.conf

named.ca
/var/named/chroot/var/named/named.ca

named.conf

ゾーンの記述

sample.jpのゾーンファイルの書き方

$TTL 3600
@       IN      SOA     sample.jp.    admin.sample.jp.  (
                2008010101      ;serial
                28800           ;Reflesh
                7200            ;Retry
                1814400         ;Expire
                259200  )       ;Minimum
;
                IN      NS      ns.sample.jp.
                IN      MX      10 mail
;
sample.jp.      IN      A       210.1.1.1
ns              IN      A       210.1.1.1
www             IN      A       210.1.1.1
mail            IN      A       210.1.1.1
;
sample.jp.    IN      TXT     "v=spf1 mx ~all"

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-01 (日) 20:50:29 (1292d)